Kanko

聖宙庵の周辺には京都の観光名所がたくさんございます。
こちらのページでは、おすすめの観光スポットを紹介いたします。
お食事の前、お食事後の周辺散策にお役立ていただければ幸いです。

吉田山周辺 | 銀閣寺周辺 | 南禅寺周辺 | 岡崎

吉田山周辺

■真如堂(真正極楽寺)

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

真如堂として親しまれ、紅葉時こそ観光客で賑わいますが、普段は閑静でゆっくりできます。東山(大文字山)を借景にした「涅槃の庭」が見どころです。

【拝観時間】9:00 – 16:00
【拝観料】(大人・大学生)500円・(中学生)400円・(小学生)300円・(小人)無料
【電話番号】075-771-0915

■黒谷(金戒光明寺)

黒谷さんとして親しまれています。広い敷地にたくさんの塔頭などがあり、新選組発祥の地でもあります。

【拝観時間】9:00 – 16:00
【拝観料】無料(特別拝観時は有料)
【電話番号】075-771-2204

■吉田神社

節分祭で有名な吉田神社は吉田山という小高い山にあり、ゆっくり静かな散策にもぴったりです。

【拝観時間】
【拝観料】無料
【電話番号】075-771-3788

■百万遍知恩寺

毎月15日には「手づくり市」がたち、多くの観光客で賑わいます。毎年11月には古本まつりも開催されます。

【拝観時間】6:00 – 16:00
【拝観料】無料
【電話番号】075-781-9171

銀閣寺周辺

■白沙村荘 橋本関雪記念館

日本画家、橋本関雪の邸宅兼アトリエ。大文字山を借景にした庭園にはお茶室も点在しています。

【観覧時間】10:00 – 17:00
【観覧料】(一般)800円・(学生)500円
【電話番号】075-751-0446

■哲学の道

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

銀閣寺道から南禅寺あたりまで続いています。哲学者・西田幾多郎が散策しながら思索にふけったことから哲学の道と言われ、桜の時期は華やかな賑わいをみせます。

【拝観時間】終日
【拝観料】無料

■大文字山

送り火で知られる大文字山は約30分程度で登れる山です。途中に湧き水もあります。山頂には、京都の街が一望できる素晴らしい眺めが待っています。

【拝観時間】終日
【拝観料】無料

 

南禅寺周辺

■法然院

写真:京都の壁紙ドットコム

本堂(通常は非公開)での散華が有名ですが、静寂な境内でも四季折々の花が楽しめます。近年はコンサートや個展、シンポジウムなども開催されています。

【拝観時間】6:00 – 16:00
【拝観料】無料(特別公開時有料)
【電話番号】075-771-2420

■泉屋博古館

中国古代青銅器を中心とした東洋美術の名品が保存、展示されています。世界的な評価も高い「住友コレクション」が楽しめます。

【観覧時間】10:30 – 17:00(開館期間は要確認)
【観覧料】(一般)730円・(高校・大学生)520円・(小・中学生)310円
【電話番号】075-771-6411
【公式HP】http://www.sen-oku.or.jp/

■永観堂(禅林寺)

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

紅葉で有名な永観堂の正式寺名は禅林寺。秋ではなくても緑のモミジもゆっくり見られておすすめです。本尊「みかえり阿弥陀如来像」などもみどころ。

【拝観時間】9:00 – 17:00
【拝観料】(高校生以上)600円・(小・中学生)400円
【電話番号】075-761-0007
【公式HP】http://www.eikando.or.jp/

■野村美術館

茶道具や絵画、陶磁器など、重要文化財を含む多彩な美術工芸品を所蔵、展示。茶の湯と能に関するものを主体としたコレクションで、春季・秋季のみの開館です。

【観覧時間】9:00 – 16:00(3月中旬~6月中旬、9月中旬~12月中旬のみ開館)
【観覧料】(大人)700円・(高校・大学生)300円・(小・中学生)200円
【電話番号】075-751-0374

■南禅寺

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

京都五山の別格である南禅寺は哲学の道の南端に位置します。三門は石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」の見栄で有名。紅葉もみどころですが、四季折々の自然を楽しめます。

【拝観時間】夏季(3/1-11/30)8:40 – 17:00・冬季(12/1-2/末日)8:40 – 16:30
【拝観料】方丈庭園:(大人・大学生)500円・(高校生)400円・(小・中学生)300円
-三門:(大人・大学生)500円・(高校生)400円・(小・中学生)300円
-南禅院:(大人・大学生)300円・(高校生)250円・(小・中学生)150円
【電話番号】075-771-0365

■琵琶湖疎水・蹴上インクライン

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

南禅寺の南にあり、レンガ造りの水路にはなんともレトロな風情があります。インクラインの線路は現在使用されていないので線路上を散策できます。線路脇の桜のトンネルが見事です。

【拝観時間】終日
【拝観料】無料

岡崎

■平安神宮

写真:高画質壁紙写真集無料壁紙

まずは日本最大級の大鳥居が出迎えてくれます。境内へ入るとそこは平安時代。広いお庭も見事で、四季折々の姿で目を楽しませてくれます。京都三大祭の時代祭でも有名です。

【拝観時間】参拝時間6:00 – 18:00(夏季)、神苑拝観8:30 – 17:30(夏季)
【拝観料】参拝無料、神苑拝観料(大人)600円・(小人)300円
【電話番号】075-761-0221
【公式HP】http://www.heianjingu.or.jp/

■京都市美術館

平安神宮参道の大鳥居の東側に佇むレンガ造りの美術館です。明治以降の京都を中心とした近・現代美術を中心に海外のものを含む多数の作品を収蔵されています。

【観覧時間】9:00 – 17:00(月曜休館)
【観覧料】展示内容により異なる
【電話番号】075-771-4107
【公式HP】http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/

■京都国立近代美術館

京都市美術館と大鳥居をはさんで向かいにあります。京都を中心にした関西の近・現代の作家たちの絵画、陶芸、写真、版画などを多数収蔵されています。

【観覧時間】9:00 – 17:00
【観覧料】常設420円・企画展により異なる
【電話番号】075-761-4111

■細見美術館

財団法人細見美術財団の日本美術コレクションが展示されています。縄文・弥生時代の美術から江戸時代の諸流派の絵画まで、絵画・彫刻・工芸・書など、幅広く収蔵されています。

【観覧時間】10:00 – 18:00
【観覧料】企画展により異なる
【電話番号】075-752-5555

Seityuan レストランを散策してみましょう!

レストランでは、フランス料理と日本料理の素晴らしい組み合わせが堪能できる。 料理から内壁まで、お店の中でお楽しみいただけます。 しかし、私たちはまだストアに素晴らしいものを持っています。 

 

立地が良く、ホテル周辺を自由に散策できる。 実際、いくつかの印象的なアトラクションを散策しながら、京都の美しさを堪能してください。 このガイドでは、レストラン周辺の見どころをより良く理解するための、 Seityuan の観光ガイドをご紹介します。 

レストラン

フランス文化にインスピレーションを得たレストラン「 Seityuan 」。 フランス人の文化と融合した文化がどのように見えるかを、当ホテルのメニューとメニューでご紹介します。 居心地の良いインテリアと、より頻繁に訪れることができるように、戦略的な立地を備えています。 

 

ここでは、さまざまな観光名所をご覧いただく前に、このホテルのロケーションについて詳しくご説明します。

 

  • 住所:京都府左京区島場町浄土寺
  • 営業時間:午前 11 時 30 分 ~ 午後 3 時 ( 昼食 ) 

                  午後 5 時 30 分 ~ 午後 10 時 30 分 ( 夕食 )

  • 連絡先: 075-205-1627

近くのアトラクション

ホテルから離れた場所にあるため、簡単にホテルのレストランにアクセスできる。 それ以外にも、いくつかのアトラクションからは徒歩圏内である。 吉田、銀閣寺、南禅寺、岡崎からは歩いて数分。 このような情報は、近くでご覧いただけます。

吉田周辺

吉田地区では、新能堂、黒屋、吉田社、百万人の万千寺などを見学します。 ここでは、これらの場所についていくつかのことを知りたいと思うかもしれません。

新能戸

新塩路落語、新能堂、ニルワナガーデンとも呼ばれています。 この場所は、特に秋には、この季節には静かでリラックスした雰囲気があるため、観光客で混み合っています。 それ以外にも、東山の雄大な眺めが楽しめる。

黒屋 

これは、近海光明寺とも呼ばれますが、黒屋さんと呼ばれることも多いです。 この寺院は 1175 年に設立され、浄土院の 8 つの寺院の 1 つとなっています。

 

この場所は、馬鹿馬鹿時代に、 1863 年にバクフーによって特別に警察が組織した「新泉組」の発祥地でもあります。 この地域は歴史的な場所の 1 つと考えられています。 

吉田神社

吉田神社は、山と呼ばれる小さな山のふもとにあります。 吉田 このエリアは京都の東部に接する東山山脈の一部です。 そびえ立つ神社のほかに、この場所は節文祭にも人気があります。

万人の万知恩寺

この場所はこの地域のお祝いの区域の 1 つである。 実際は、毎月 15 日、「ハンドメイドの都市」はぽんと鳴る、多くのツーリストによって混雑する。 11 月には、中古本祭という祝典も開催されます。

銀閣寺周辺 

銀閣寺の近くには、博本関雪記念館、哲学道、大文字の山があります。

銀閣寺

銀閣寺は銀閣寺としても知られている。 観光客がこの美しい場所で寺院と緑豊かな庭園の写真を撮るために造られた禅寺。 この寺は、多くの火災や地震が発生してもそのまま残っている金閣寺の二つの建物の一つです。

博本関雪記念館 

庭園内にはティールームがいくつかある。 このエリアに足を踏み入れると、寺院のこのスポットから山々の素晴らしい景色がどのように見えるかがわかります。 

 

それ以外にも、日本の画家橋本関行がこの地域を住宅やスタジオに変えたことで、この地域はうまく発展し、設計されています。

フィロソフィーロード

この道は銀閣寺から南禅寺まで続く。 哲学者の西田喜太郎が散歩をしながら考えていたという信念から、この道は哲学の道とも呼ばれている。

大文字の山

短いハイキングには? マウント・ 大門寺までは約 30 分。 ピークに達して、途中で新鮮な水を見ることができます。 山頂に到着すると、京都の街を眺めながら、なぜこの場所が火の火にぴったりなのかがわかります。

南禅寺地区

南禅寺地区には、本園、泉屋広観館、愛門町、野村博物館、南禅寺、琵琶湖疎水性などの観光名所がある。 

本園イン 

この場所は、通常は閉鎖されているメインホールに展示されている美しい花で有名です。 ただし、季節の花は常に利用できるため、静かな敷地で楽しむこともできます。 過去数年間、コンサート、個展、シンポジウムなども開催されています。

泉屋広光館 

泉屋広光館は、芸術と国宝の展示で人気があります。 この枝には、古代中国のブロンズの製品を中心とした東洋美術の傑作が保存され、展示されている。 それ以外にも、世界的に有名な「住友コレクション」もここに展示されています。

Eikando 

Eikando の公式の寺院名は Zenriji である。 この寺院は秋の色で有名で、とても見心地良いです。 秋でない場合でも、グリーンメープルの色がゆっくりと変化する様子を確認することを強くお勧めします。 

野村美術館 

ここは、見たい観光スポットの 1 つです。 ただし、この場所は春と秋のみ利用できます。

 

この博物館では、茶器、絵画、陶器などの文化的な施設を含む様々な芸術や工芸品を展示しています。 この博物館の特集は、主に茶の湯と能です。 

南禅寺

哲学道の南端に位置するこの寺院は、京都の五山を代表するものです。 この地域は、三門の背景にインスピレーションを与えたもので、石川五右衛門の「素晴らしい景色、美しい景色」で人気があります。

 

南禅寺は秋の紅葉の絶景が自慢で、秋の季節には一番の楽しみです。 

琵琶湖疎水性

琵琶湖疎水性またはケゲ・インクラインは、寺院の南側に位置しています。 ここのレンガ造りの運河は、多くの人に評価されているレトロな雰囲気を醸し出している。

 

コースを歩きながら、桜の花が咲くトンネルが、桜の季節には特に息をのむほどの美しさをお確かめください。 

岡崎

岡崎には平安神宮、京都市立美術館、京都国立近代美術館、細見美術館の 4 つの素晴らしい観光スポットがあります。

平安神宮

日本最大の大鳥居に入り、平安時代に戻ります。 ここの庭はとても広く、本当に素晴らしい景色です。 桜が咲く時間を忍耐強く待っているなら、ここでやることを強くお勧めします。 そして、この場所が人々によって、特に 4 月の間になぜ大いに愛されるか理解する。

 

京都の主要な 3 つのフェスティバルが開催される場所でもあります。 最初の 1 つは 1 月下旬に光明天皇、 2 つ目は 4 月上旬に観宮天皇で祝われる。 第 3 回は 10 月 22 日に行われ、平安神宮に参列する両皇帝の「御越」と呼ばれる神霊神社を運ぶ行列が行われます。 

京都市立美術館

この博物館は、平安神宮に近づくオ鳥居の東側に立つレンガ造りの美術館です。 このアトラクションには、地元の作品や国際的な作品が数多く展示されています。 ここで展示されている作品は、明治以降京都を中心とした現代美術を中心にしたものです。 

京都国立近代美術館 

京都美術館と大鳥居の向かいにある。 この 1 つは、前とは違って、多数の絵画、陶器、写真撮影、印刷物および他の多くの技術を収容する。 関西の現代芸術家が京都を中心に作ったものが多い。 

細見美術館 

この美術館には、細見美術館の日本美術コレクションが展示されています。 ここで見ることができるものには、絵画、彫刻、工芸品、本などが幅広く集められています。 この博物館に展示されているのは、主に縄文や弥生時代のものです。江戸時代には、さまざまな学校からも絵画が飾られています。